和泉 淡輪陣屋



お城のデータ
所在地 大阪府泉南郡岬町別所
遺 構 移築建物
形 式 陣屋 築城者: 土屋寅直 築城年代: 文久2年


見 ど こ ろ

 淡輪陣屋は、淡輪駅南の番川右岸に面した別所地区に築かれていた。 近くに土浦藩士の墓地がある以外、陣屋の遺構などは何も残っていない。

 深日町駅近くにある金浄寺の庫裡に陣屋の建物の一部が移築されて残っている。 庫裡の屋根には、土屋家の家紋「三つ石」や「九曜門」の屋根瓦を見ることが出来た。


歴     史

 淡輪陣屋は、文久2年に土屋寅直によって築かれた。 貞享元年に土屋政直が大坂城代となり2万石加増された内に和泉日根郡内11村(淡輪村等)があり、政直が常陸土浦へ移封後も淡輪の地は土浦藩領となり、幕末に海防警備の必要もあり、土浦藩の采知陣屋が置かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: 南海電鉄多奈川線深日町駅〜徒歩10分(金浄寺)
 車 : 阪和道阪南IC〜国道26号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
幕末に海防警備の必要から築かれた土浦藩の采知陣屋。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県