丹波 黒田城



お城のデータ
所在地 京都府南丹市園部町黒田
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 森 宗政 築城年代: 天暦元年


見 ど こ ろ

 黒田城は、南を流れる園部川が天然の堀となっている丘陵の山頂部から先端にかけて城域として築かれ、南に篠山街道、北に観音峠街道が通る交通の要衝の城でもある。

城の縄張りは、山頂部に本丸を置き、北側は土橋が残る堀切で背後の丘陵部を断ち切り、東に土塁で囲繞した東曲輪を置き、南側には堀切で区切った南曲輪を、更に中腹には五段の段曲輪からなる南出丸の配置した城だ。

 この城の見どころは、南出丸から南曲輪へ登る北側に掘られた二条の竪堀であろう。 この竪堀は、明らかに他の堀切などの遺構と時代が違ったもので、光秀に抗した折に防備を強化するために改修されたと考えられている。


歴     史

 黒田城は、天暦元年に森宗政によって築かれた。 森氏は、近江佐々木氏の一族と云われている。

 戦国時代になると森氏は、黒田城の南方にある宍人城主小畠氏と武力衝突を繰り返し、近郊にある名刹九品寺も森氏と小畠氏との合戦による兵火で焼かれている。 

 織田信長の命により丹波平定を目指す明智光秀の侵攻が始まると、城主森高之は波多野氏・宇津氏・内藤氏等と共にに抗したが、天正6年に光秀に攻められ黒田城は落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線園部駅〜バス/黒田
 車 : 京都縦貫道園部IC〜府道19号線〜府道54号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
二条の竪堀が迫力があり見事なお城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県