土佐 田村土居



お城のデータ
所在地 高知県南国市田村字城
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 細川頼益 築城年代: 天授6年


見 ど こ ろ

 土佐守護代細川氏の居城であった田村土居は、現在の高知空港北側に位置する田村東部公民館のある一帯に築かれていた。 高知空港の拡張整備事業に伴う発掘調査によって城の遺構も確認されている。

 田村土居は、二重の堀によって囲繞された複郭式の縄張りで、内郭の北西隅に堀で囲まれた城主居館部を配置していた。 堀は、埋められ現存しないが発掘調査で出土しているようだ。 また、公民館脇には土塁が残っていて、塁上には八幡宮が祀られていた。


歴     史

 田村土居は、天授6年に細川頼益によって築かれた。 土佐守護であった京兆家細川頼之は一族の頼益を守護代に任じ。 土佐守護代細川頼益以降、頼益−満益−持益−勝益と4代に渡って守護代の任にあったが、永正4年に京兆家細川政元が横死すると細川一族は京へと退去した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃線後免駅〜バス/田村公民館前
 車 : 高知道南国IC〜県道31号線
駐車場: 田村東部公民館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
土佐守護代細川氏4代の居城となった土居。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県