三河 滝脇陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市滝脇町西洞
遺 構 曲輪、石垣
形 式 陣屋 築城者: 松平(滝脇)乗次 築城年代: 慶長6年


見 ど こ ろ

 滝脇陣屋は、滝脇松平氏の菩提寺長松院の西側(谷間の水田を挟んで)の丘陵(竹林となっている)を三段に削平して構築されている。 竹林の中は結構荒れていて、全体を把握しづらいが、東面には数ヶ所石垣が残っていた。


歴     史

 滝脇陣屋は、慶長6年に知行600石旗本松平(滝脇)乗次によって築かれた。 滝脇松平氏は、宗家4代松平親忠の九男乗清を祖とし滝脇郷を領した分家。 江戸時代の大名家として駿河小島の松平氏がこの系統。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄三河線豊田市駅〜バス/滝脇
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜国道301号線〜県道338号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
竹藪の中に石垣が築かれた陣屋が残っている。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県