讃岐 滝宮城



お城のデータ
所在地 香川県綾歌郡綾川町滝宮字横町西
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 滝宮城は、滝宮八幡宮の西側、道路を隔てたところにある滝宮神社の境内一帯に築かれていた。

 城の遺構は何も残っていないが、この神社の西側を綾川が流れ河岸断崖となった天然の要害と云える地形となっていた。


歴     史

 滝宮城は、築城者や築城年代は定かでない。 戦国時代の城主滝宮弥十郎は、香西・羽床両家の内紛に際して羽床氏に従った。

 天正7年、羽床伊豆守が長宗我部元親に降ると滝宮氏も長宗我部氏に降り、以後元親に従って香西氏攻略に参加したと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: 琴平電鉄滝宮駅〜徒歩約10分
 車 : 高松道檀紙IC〜国道32号線/滝宮〜県道276号線
駐車場: 滝宮天満宮の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
綾川が堀と断崖の地形を形成しているお城。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県