伊賀 滝川氏城



お城のデータ
所在地 三重県名張市下小波田字下出
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 滝川雄利 築城年代: 天正9年


見 ど こ ろ

 滝川氏城は、下小波田地区北側にある城山に築かれている。 下小波田地区の中心部を貫いている市道を南から登りきった所に酒店があり、ここに道しるべが建てられている。

 滝川氏城は、現在地区のグランドになっているが、周囲には土塁と空堀が設けられている。 西側の空堀の外側にも土塁が設けられ、南側の虎口前には出丸があり、単郭式城郭では三重県最大の規模だとか。


歴     史

 滝川氏城は、天正9年に滝川雄利によって築かれた。 滝川雄利は、北畠信雄に仕え、信雄の伊勢平定のために丸山城を築いたが、天正6年に伊賀の土豪衆により落城した。

 その後、再度伊賀に侵攻した北畠信雄に副将として従った。 伊賀平定が長期化すると、雄利は信雄の桜町中将城を始めこの滝川氏城を築いた。 その後、伊賀平定後滝川雄利は、丸山城主となり南伊賀支配の拠点として整備した。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線桔梗が丘駅〜バス/小波田
 車 : 名阪国道治田IC〜県道687号線〜国道368号線〜国道165号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
単郭式城郭では三重県最大規模のお城。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県