伊賀 竹島氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市愛田字構谷
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 竹島景義 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

竹島氏城は、愛田地区北側の丘陵に築かれた城だ。 愛田地区の公民館から道しるべに従って林道を登る。 ちょうど城の東側から城域に入ることになり、東側にある堀切のところに城の案内板があった。

 竹島氏城の主郭は、結構な広さがあり、しかも三方に高々と築かれた土塁が見事に残っていた。 また、主郭の南虎口が大手で、虎口の外側には二の曲輪が設けられいた。 南虎口の土塁上に石碑が建てられてあった。


歴     史

 竹島氏城は、室町時代に竹島景義によって築かれた。 竹島氏は、愛田村の土豪で南北朝時代には北畠能郷に仕え戦功があったと云われ、天正伊賀の乱では春日宮川で城主竹島右衛門は討ち死にしている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線伊賀上野駅、近鉄伊賀線上野市駅〜バス/愛田口
 車 : 名阪国道下柘植IC〜県道146号線
駐車場: 愛田地区公民館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
小高い丘の上にあるお城には見事な土塁が・・・。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県