信濃 竹松城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市富県字南福地竹松
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 竹松氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 竹松城は、竹松川にそって南北に細長い丘を利用して築かれている。 主郭は現在諏訪神社の境内となっている。

 竹松城の縄張りは、北から二条の堀切を隔てて二の曲輪、堀切を隔てて神社のある一の曲輪、南の堀切を隔てて三の曲輪、更に南側に四の曲輪となっている。 三の曲輪と二の曲輪は畑地となっていて、四の曲輪は民家敷地となっている。

 主郭の南北の堀切は深さも幅もあり見応えのある遺構だ。 また、北の二重の堀切・土塁も保存状態は良好。


歴     史

 竹松城は、築城年代は定かではないが竹松氏によって築かれた。 この地一帯に勢力を持っていた竹松氏は、橋場城を居城としていたが、その後竹松城へ本拠を移したと云われている。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/竹松公民館前
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜県道18号線
駐車場: 竹松公民館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
深い堀切が見応えのある丘城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県