越中 武隈屋敷



お城のデータ
所在地 富山県魚津市小菅沼
遺 構 曲輪、土塁、石垣
形 式 居館 築城者: 武隈氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 武隈屋敷は、小菅沼城とも呼ばれ、周囲を石垣で囲まれた居館だ。 どこまでが往時のものか、後世のものか判別がつき難いが、それでも道路沿いに築かれた石垣は絵になる。

 後世に造られたと思われる虎口から郭内に入るが、主郭部は二段に分かれ結構広い。 更に桝形虎口へ経て一段下にも曲輪が設けられ民家が建てられている。 桝形から民家は以後にも石垣と土塁が残っている。


歴     史

 
武隈屋敷は、築城年代は定かでないが、戦国時代松倉城主であった椎名氏の家老であった武隈氏によって築かれた。 武隈氏は、椎名氏滅亡後もこの地に代々居住していた。


お城へのアクセス
鉄 道: あいの風とやま鉄道魚津駅〜バス/松倉小学校前
 車 : 北陸道魚津IC〜国道8号線〜県道33号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
小菅沼城とも呼ばれる椎名氏家老の居館。

富山県のお城
一覧表へ
トップページへ 魚津市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県