但馬 竹田城



お城のデータ
所在地 兵庫県朝来市和田山町竹田
遺 構 天守台、石垣、曲輪、竪堀
形 式 山城 築城者: 山名持豊 築城年代: 嘉吉3年


見 ど こ ろ

 竹田駅から虎臥山を見上げると、山頂に累々とした石垣が見え、感動すること間違いなし。

 この遺構は、天正から慶長にかけて、赤松広秀によって修築されたもので、戦国時代の山城と言うよりも、むしろ近世山城と言ってよい。

 日本三大山城(美濃岩村城大和高取城備中松山城)の各城ともすばらしいものがあるが、城跡から見る展望、累々と残る石垣の見事さ、どれをとっても三代山城に勝るとも劣らないものだ。

 むしろ、日本三大山城よりも山城のすばらしさ、感動を伝えてくれる。 関ヶ原以後廃城されず、存続していたならば間違いなく「日本四大山城」に数えられていたと思う。

 中腹の駐車場から城跡まで約15分。 竹田城の大手門跡の石垣が出迎えてくれる。 ここからが感動の始まりだ。

 三の丸北千畳から見る本丸の姿は実にいい。 二の丸武門跡を経て本丸へ。 本丸には、天守台が築かれているが、天守へは直接入る石段はなく、付櫓(小天守?)内に階段が設けられていたと推測できる。

 天守台からの眺めは最高。 360度の大パノラマがそこにある。 この城を訪れた誰もが驚きと寛喜の声をあげる場所だ。 

 城の縄張りは、本丸を中心に二の丸、三の丸(南千畳・北千畳・花屋敷)が配置されている。 南千畳には居館が設けられ、今でも草をかき分けると居館のものであろうか、軒瓦を見つけることができる。


歴     史
(現地案内板より)

 竹田城は、嘉吉3年に但馬守護山名持豊(宗全)が築城し、家臣太田垣光景に守らせた。

 戦国時代の天正元年には、播磨龍野城主赤松広秀に攻められ落城し、城主太田垣朝延は因幡に逃れ、広秀が城主となった。

 天正5年、豊臣秀吉がによる播磨侵攻により、但馬にも兵を入れ、竹田城も豊臣秀長によて攻められ落城した。 秀吉は、但馬攻略の功を賞して弟秀長に但馬を預け、秀長はこの竹田城の城主なった。

 その後、桑山重晴が城主になるが、天正13年紀伊和歌山城代に転じると、再び赤松広秀が城主に任じられた。 この時期に、竹田城は現在残る石垣群が築かれた。

 慶長5年、赤松広秀は関ヶ原の役では西軍に加担して自刃し、竹田城も廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR播但線竹田駅〜徒歩
 車 : 中国道福崎IC〜播但道和田山IC〜国道312号線
駐車場: 城山中腹に無料駐車場(50台程度)


ひとくち MEMO
山頂に累々と築かれた石垣、日本四大山城と言ってもよいお城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 和田山町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県