土佐 高柳土居



お城のデータ
所在地 高知県香美市土佐山田町山田字ニノヘイ
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 高柳土居は、舟入川右岸に面した水田の一角に築かれている。 本来は副郭の城であったと資料にはあるが、現状では圃場整備等がなされているためよく分からない。

 高柳土居は、コの字に土塁が残っていて、土塁上は墓地となっている。 土塁は、高さ約1.5m程の高さがあり、下部には土留めの石積みがあった。

 土塁に囲まれた内側は水田となっていて、この水田を基準に考えると約40m×約30m程が一の曲輪で、その外側の水路に囲まれた水田一帯が二の曲輪があったと考えられる。


歴     史

 高柳土居は、築城年代や築城者など定かではないが、烏ヶ森城主西内常陸の子佐渡守が居城していた。 西内氏は、山田氏に従っていたが山田氏没落後は長宗我部氏に仕えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR土讃線土佐山田駅〜徒歩約30分
 車 : 高知道南国IC〜県道31号線〜県道234号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
一の曲輪の土塁がコの字形に残っている土居城館。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県