飛弾 高山城



お城のデータ
所在地 岐阜県高山市空町城址公園
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 高山外記 築城年代: 永正年間


見 ど こ ろ

 飛騨第一の大城、高山城も今は往時の姿を偲ぶものが何もない。 城下のにある高山陣屋は観光客で溢れているが、城山山頂の高山城趾を訪れる観光客は極めて少ない。

 高山城は、山頂部の天神山城趾を本丸とし、中腹に現在は城山グランドとなっている二の丸、更に平地部の三の丸(現護国神社)を配置した縄張りであった。

 本丸には、かつては三層の天守が建てられて、その石垣の一部が復元されている。 また、二の丸から本丸へ至る登城道沿いの曲輪跡には所々に石垣が残っていた。


歴     史
(現地案内板より)

 高山城は、永正年間に高山外記によって山頂部に最初に築城され、当初は天神山城といった。

 天正13年、羽柴秀吉の命を受けて飛騨に侵攻した越前大野城主金森長近は、松倉城主三木自綱を滅ぼし、飛騨33,000石を秀吉から与えられた。

 長近は、最初鍋山城を居城としたが、天正16年に天神山城趾を大拡張して近世城郭高山城を築城した。

 元禄5年、金森氏5代の高山支配は終わり、城は一時金沢前田家が預かったが、元禄8年に高山が天領となり高山陣屋が設けられると、城は城番前田家によって徹底的に破却された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR高山本線高山駅〜徒歩約15分
 車 : 東海北陸道飛騨清見IC〜国道158号線
駐車場: 城山公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
天領飛騨高山、江戸時代の町並みが残る街を見下ろすお城。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ 高山市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県