信濃 高遠城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市高遠町東高遠
遺 構 曲輪、櫓、門、石垣、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 武田信玄 築城年代: 天文16年


見 ど こ ろ
(大手桝形の石垣の一部)

 高遠城は、月誉山の西丘陵を利用して築かれた城で、本丸を中心に二の丸・南曲輪・勘助曲輪・法幢院曲輪・笹曲輪などの曲輪が段階的に配置された縄張りで、虎口の城門部分に僅かに石垣を築いているが、大部分が芝土居となっていて、空堀は結構深い。

 縄張り図を片手に城内を歩き回っていて、南曲輪から本丸へは直接入れないはずが、新たに通路(土橋状に)が付けられていた。 建物の遺構として、大手門そばにある四脚門と明治時代に再建された太鼓櫓などがある。 


歴     史
(二の丸の土塁)

 天文14年、武田信玄は諏訪氏の上原城を攻略すると、次ぎに諏訪より杖突峠を越えて高遠に進入する。 高遠城主高遠頼継は、ついに信玄に城を明け渡す。

 天文16年に信玄は、伊那侵略の拠点として、山本勘助・秋山信友に命じて大改修を行った。 武田時代には、保科正俊・秋山信友・武田勝頼・武田信廉、そして仁科盛信が城主となった。

 武田氏滅亡後、毛利秀頼・京極高次・保科正光・正之・鳥居忠春と続き、元禄4年内藤清枚が33,000石で入封して以来、内藤氏が8代この地を領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/高遠
 車 : 中央道伊那IC〜国道361号線
駐車場: 二の丸門前の有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
戦国の雰囲気を良く残しているお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ 伊那市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県