大和 高取城



お城のデータ
所在地 奈良県高市郡高取町上子嶋
遺 構 天守台、門(移築)、石垣、曲輪、水堀、堀切、竪堀、井戸
形 式 山城 築城者: 越智氏 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 『巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城』と景観をうたわれた高取城。

 今では雪と言われた高取山中に連なった白壁は残っていないが、日本三大山城(美濃岩村城備中松山城、大和高取城)の一つに数えられることだけはある。

 標高584mの高取山山頂一帯に残る石垣には、圧倒され感動の極みだ。 異論も多々あるとは思うが、三大山城の筆頭だと私は思っている。

 高取城は、二の門から内が郭内で、二の門〜三の門〜矢場門〜松の門〜宇陀門〜千早門〜大手門〜十三間多聞〜十五間多聞〜下の門〜上の門と10ヶ所の門を経て本丸へとやっとたどり着く。

 千早門から内が三の丸、大手門から内が二の丸、上の門より内が本丸で、しかも本丸は、大天守・小天守・硝煙櫓・鉛櫓を多聞櫓で連結した天守曲輪の内郭と、一段下に天守曲輪を取り囲む外郭とに分かれた、非常に堅固な縄張りとなっている。

 高取城の郭内の外には、3つの尾根筋と大手道に外郭が設けられている。 どの外郭の曲輪は、郭内ほど石垣などの遺構は少ないが、外郭も加えた高取城の規模の広さには驚かされる。

 高取城外郭は、まず大手筋には別所曲輪・岩屋曲輪、飛鳥岡寺方面の尾根筋には横垣曲輪があり、その先端部に堀切を伴った岡口門が設けられている。 

 一方吉野口門からは堀切で隔てられた赤土曲輪がある。 曲輪先端に弥勒の堀切があり、ここに宇陀口門があった。 壺阪口門から壺阪寺方面には八幡神社のある八幡曲輪がある。

 高取城外郭の堀切は、いずれも堀切の両側に石垣を築き、そこに橋を渡して城内側に城門を設けた形式となっている。 郭内の縄張りの見事さもさることながら、高取城をより知るためには外郭の曲輪群も見逃すことができない。

 高取城は、明治維新に廃城となって、天守以下の建物が取り壊されたが、高取城の城下町土佐(高取町)に、二の門(子嶋寺)と新御殿表門(石川医院)が移築して残る。 


歴     史

 高取城は、越智氏よって南北朝時代に築かれた。 その後、高取城は、越智氏の詰めの城として、越智氏の本城貝吹山城と常に連携を取っていた城である。

 天正8年、織田信長の大和国一国一城令により一端廃城となったが、天正12年には筒井順慶が、高取城を大和郡山城の詰の城として復興を開始した。

 天正13年、筒井定次は伊賀上野へと移され、大和・和泉・紀伊三国は豊臣秀長が領することになり、高取城へ本多正俊が入った。

 秀長は、筒井順慶と同様に高取城を詰の城とし、居城大和郡山城の大改修と共に、高取城も近世城郭へと改修した。

 本多氏は、大和大納言家断絶後、15,000石を領して大名となったが、寛永14年、本多利家に嗣子無く断絶。 寛永17年に植村家政が25,000石で入封し、植村氏が明治まで代々領した。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄吉野線壺阪山駅〜徒歩、バス/壺阪寺〜徒歩
 車 : 西名阪道郡山IC〜国道24号線/橿原〜国道169号線〜林道
駐車場: 壺阪口下まで車で行けるが路上駐車(10台程度のスペース有り)


ひとくち MEMO
日本三大山城の一つ、山城では珍しい水堀の遺構が残るお城。
  • 高取城城門の移築先
    子嶋寺 : 奈良県高市郡高取町感覚寺

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ 高取町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県