遠江 高天神城



お城のデータ
所在地 静岡県掛川市下土方
遺 構 曲輪、土塁、井戸、堀切
形 式 山城 築城者: 今川氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 高天神城は、武田信玄・勝頼と徳川家康がこの城の争奪戦を繰り広げ、「高天神城を制するものは遠州を制する。」と云われた要衝の城だ。

 なるほど南側の大手口から眺める高天神城は、あまり高い山では無いが、見るからにその山容は登るものを威圧するような感じがする。  高天神城は、大手口と搦手口を除けば、周囲を絶壁と深い谷に囲まれていてる。

 縄張りは、自然の形から東峰(本丸・二の曲輪・三の丸など)と西峯(西の丸・二の丸・馬場など)を結ぶように井戸曲輪が配置された(ちょうど「H」型)連郭式一城別郭式となっている。

 唯一、この城の弱点は西の丸の堀切を経て、馬場曲輪から西の隣峯に向けて緩やかな斜面となっている点か?

 ここが「犬戻り・猿戻り」と呼ばれる間道で、落城の際の逃げ口となっているとか。 事実、武田の武将横田尹松がここより脱出に成功している。 また、2回の落城も西の丸から攻められて落とされてた。


歴     史

 高天神城の築城年代には諸説があり、特定することは出来ないが、室町時代に今川氏が守護大名から戦国大名に成長する過程で築かれた。

 今川氏滅亡が、徳川家康の持ち城となり、小笠原長忠が城主となった。 元亀2年、武田信玄が内藤昌豊に命じて攻めたが、城を落とすことが出来なかった。 しかし、天正2年、武田勝頼が2万の大軍で攻め、城将小笠原長忠はついに城を開城した。

 天正3年、長篠の合戦で大敗した武田勝頼は滅亡への道を転げ落ちる。 家康は、高天神城攻略の足場として横須賀城を築き、ついに天正9年、高天神城の奪還に成功する。 遠江最大の武田氏の拠点高天神城は、徳川家康の手に戻ると、城は廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線掛川駅〜静鉄バス大坂行/土方
 車 : 東名高速掛川I.C〜県道掛川大東線
駐車場: 高天神城の無料駐車場(約100台)利用。


ひとくち MEMO
「高天神城を制するものは遠州を制する。」と云われた要衝のお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 掛川市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県