信濃 原ノ城



お城のデータ
所在地 長野県下伊那郡高森町山吹字竜の口
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 原城は、大沢川右岸の河岸段丘崖を利用して築かれていて、北〜東へと湾曲した河岸崖は約40m程の比高がある要害の地だ。

 この河岸崖を背後にして、一の曲輪を置き楕円状の内堀を構築している。 更に内堀の外側に二の曲輪を置き、その外側に外堀を設けている。

 一の曲輪・二の曲輪の北側斜面には内堀・外堀の先端部が竪堀となっていた。 現在は、一の曲輪は畑地、二の曲輪は雑木林・墓地・宅地となっていて、県道に面した一の曲輪下に案内板が設けられていた。


歴     史

 原城は、築城年代や築城者は定かでないが、松岡城主松岡氏の家臣竜口氏の居城であったと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線山吹駅〜徒歩約15分
 車 : 中央道松川IC〜県道59号線〜国道135号線〜県道428号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
主郭を囲む堀が良く残っているお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県