紀伊 高政陣屋



お城のデータ
所在地 和歌山県和歌山市安原
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 畠山高政 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 高政陣屋は、紀伊守護畠山高政の居館で現在の大林寺境内一帯に築かれていた。 陣屋の遺構などは何も残っていないが、境内に「当山開基畠山高正」の碑があった。


歴     史

 高政陣屋は、戦国時代に畠山高政によって築かれた。 畠山高政は、河内・紀伊両国の守護で河内高屋城を居城とて、天文19年に家督を継いで以降、永禄年間を畿内を舞台に三好長慶との抗争繰り返した。

 永禄12年に遊佐信教らによって河内高屋城を追われ紀伊へ退き、天正元年に再起をかけて河内へ再度攻め込むがこれにも敗れ、天正4年に死去した。


お城へのアクセス
鉄 道: わかやま電鉄貴志川線岡崎前駅〜徒歩約15分
 車 : 阪和道和歌山IC〜国道24号線〜県道138号線〜県道16号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
河内・紀伊守護畠山高政の居館

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県