讃岐 高丸城



お城のデータ
所在地 香川県観音寺市観音寺町幸町
遺 構 現存門
形 式 平城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 高丸城は、財田川河口南側に築かれた城で、現在の観音寺町幸町から殿町一帯が城域であったとか。 城の中心部は、一心寺境内辺りと云われ、寺の太鼓門は、往時の城門であると云われている。


歴     史

 高丸城は、築城年代や築城者については定かではないが、天霧・多度津城主香川信景の弟景全が居城したと云われ、景全城・観音寺城とも呼ばれている。 

 天正7年、香川信景は長宗我部元親に降って臣従し、弟景全もこれに従った。 天正13年、豊臣秀吉による四国征伐により香川氏は土佐に退き、これと共に高丸城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線観音寺駅〜徒歩約10分
 車 : 高松道さぬき豊中IC〜国道11号線〜県道6号線〜県道5号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
香川景全の居城、現在も城跡には城門が残る。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県