備中 高越山城



お城のデータ
所在地 岡山県井原市東江原町
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 宇都宮貞綱 築城年代: 弘安4年


見 ど こ ろ

 高越山城は、諸説はあるが北条早雲(伊勢盛時・長氏)の生まれた城とされている。 早雲は、備中伊勢盛定の子とされている。

 高越山城は、高越山山頂部に櫓台をもつ一の曲輪を置き、三方の尾根筋に3つの曲輪、更に三の曲輪の下にもう一曲輪を配した縄張りで、以外と小規模な城と云える。

 城の遺構は、公園化されているため曲輪と切岸はよく分かるが、公園入口の冠木門側から少し登ったところにある堀切があるが、注意していないとつい見逃してしまいそうだった。


歴     史

 高越山城は、弘安4年に宇都宮貞綱によって築かれたと伝えられている。 その後、享徳2年に伊勢行長がこの地を与えられ伊勢より入国して城主となった。

 戦国時代、備中伊勢氏は荏原庄を領した国人領主で、この高越山城を居城にし、毛利氏に従っていた。 永禄9年には伊勢又五郎は出雲富田城攻めに参陣して討死している。

 伊勢氏没落後、天正9年より鬼身城主宍戸隆家の持城となり、木原平内・神田六兵衛らが在城した。 慶長5年の関ヶ原敗戦により毛利氏は防長2国へ減封となり、高城山城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 井原鉄道早雲の里駅〜バス/高越城登口
 車 : 山陽道笠岡IC〜県道34号線〜国道486号線
駐車場: 高越城址公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
北条早雲出生のお城。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ 井原市のHPへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県