羽前 高畠城



お城のデータ
所在地 山形県東置賜郡高畠町高畠
遺 構 曲輪、堀
形 式 平城 築城者: 樋爪季衡 築城年代: 平安時代末期


見 ど こ ろ

 高畠城は、現在の高畠小学校・高畠高校の敷地となっている辺り一帯に築かれていた。

 城域は、校舎敷地と住宅化されてしまい、小学校校門前から保育園までの間に三の丸堀の一部が残っているだけだ。 堀の脇に結構立派な城石碑が建てられている。


歴     史

 高畠城は、平安時代末期に樋爪季衡によって築かれたと云われている。 その後、天授6年に置賜郡が伊達氏の支配下になるとその拠点の城として改修された。 天正19年に伊達政宗が岩出山転封した後、蒲生・上杉領を経て元禄2年には天領となった。

 明和4年、山県大弐の明和事件に連座して織田信浮が上野小幡より高畠2万石へ移され陣屋を構えた。 文政11年に織田信美が所領の大部分がある天童への移転を許され、天保元年に天童へと陣屋を移した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線高畠駅〜バス/高畠高校前
 車 : 米沢南陽道路南陽高畠IC〜国道13号線〜県道7号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
城を取り囲んでいた幅の広い堀が今も健在。

山形県のお城
一覧表へ
トップページへ 高畠町のHPへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県