伊賀 高殿城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市上友田字柳谷
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 高殿城は、上友田地区の北側丘陵の「タカンド」と呼ばれている頂上部に築かれている。 丘陵の南東部先端に鷹山飛騨守城、南西部先端に中谷氏城があり、その扇の要に高殿城が位置する。

 城の縄張りは、丘陵最頂部を囲繞するように切り込んだ土塁を廻らし、南側に平虎口を設け、虎口南側に帯曲輪が配されている。 城の東南部には西側の丘陵部と隔離するための堀切があり、現在は林道の一部となっていた。


歴     史

 高殿城は、築城者は定かでないが室町時代に築かれた。 付近に鷹山飛騨守城と中谷氏城があることから、鷹山氏・中谷氏の祖である山尾氏の城だと考えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 伊賀鉄道上野市駅〜バス/手力口
 車 : 名阪国道下柘植IC〜県道133号線〜県道673号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
丘陵山頂部を切り込んだ土塁で囲繞したお城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県