但馬 八木城
        (石の城)


お城のデータ
所在地 兵庫県養父市八鹿町八木
遺 構 曲郭、石垣、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 八木氏 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ

 八木城(石城)で比高230m、八木古城(土城)は比高310m、ともかく山頂の城跡までの登城道はきつい。

 山城の登城道がきついのは承知の上だが、普通七曲がりと呼ばれる道だ. しかし、この八木城は、麓の下八木口より尾根に沿って約1km、一直線の登城道をひたすら喘ぎながら登るのだ。

 それだけに、山頂に築かれた八木城の印象は、強烈なものがある。 何と言っても本の丸西面と南面に築かれた高さ約10mほどの高石垣を見ると、約40分のきつい急な登城道での疲労感を吹き飛ばしてくれる。

 この高石垣を見れば、戦国城郭と言うよりは、むしろ近世城郭に分類されるのではないだろうか。

 本の丸には、天守がそれ相当の櫓が建てられていたであろう櫓台が残っている。

 八木城の縄張りは、この本の丸を取り囲むように二の丸が配置され、南に三段の三の丸、西にも三段の曲輪が配置され、更に土城へと続く尾根には堀切ある。 堀切を渡ると、ちょうど幅1m程の狭い尾根道が土城へと続いている。


歴     史

 鎌倉時代に築城されたという土城(八木古城)には、代々八木氏(朝倉一族)が居城していた。

 八木氏は、南北朝の争乱時代から戦国時代には、但馬山名氏に属して、山名氏の四天王の一人として、但馬に勢力を誇った。

 この頃、土城に替わって新城を築いたのが八木城(石城)だ。戦国時代末期、天正8年に羽柴秀吉の攻撃を受け、城主八木豊信は降伏した。

 豊信は、秀吉の因幡攻めに参陣して若桜鬼ヶ城の守将となったが、毛利氏の反攻により、若桜鬼ヶ城を去り、その後は消息不明となった。(一族は、後徳川家康に仕え、播磨穂積4,000石の旗本となる。)

 八木豊信に替わって、天正13年に別所重棟が封じられ、同年19年に嫡子吉治が襲封した。 八木城の高石垣は、この別所2代の在城時代に築かれたと考えられる。 慶長5年、別所吉治は西軍に与したため改易となり、八木城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線八鹿駅〜バス/下八木
 車 : 舞鶴道福知山IC〜国道9号線
播但道和田山IC〜国道312号線/一本柳〜国道9号線
駐車場: なし。(登り口付近に駐車スペース2台程度あり)


ひとくち MEMO
石の城、土の城、新旧二つのお城が楽しめる。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 養父市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県