大和 多賀陣屋



お城のデータ
所在地 奈良県橿原市曽我町
遺 構 なし。
形 式 陣屋 築城者: 多賀氏 築城年代: 江戸時代初期


見 ど こ ろ

 多賀陣屋は、曽我町の中心部の真菅地区公民館・曽我町陣屋開館の南側一帯に築かれていた。 近年まで「陣屋の池」と「陣屋の薮」が残っていたが、今では池は埋め立てられ薮も切り払われ消滅しているが、会館の駐車場の一角に陣屋の石碑と案内板が建てられていた。


歴     史

 多賀陣屋は、江戸時代初期に多賀氏によって築かれた。 多賀氏は、元来近江の豪族で、多賀常則の時に浅井長政に仕え、後に豊臣秀長に従い、大和国高市郡曾我村他で2千石を領した。 関ヶ原の戦いでは東軍に与し本領安堵され、以後は旗本としてこの地を領して明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線真菅駅〜徒歩約10分
 車 : 京奈和道橿原北IC〜国道24号線/曽我町北〜市道
駐車場: 真菅地区公民館・曽我町陣屋会館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
豊臣秀長の旧臣旗本多賀氏の采地陣屋。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県