讃岐 多度津城



お城のデータ
所在地 香川県仲多度郡多度津町桃山 桃陵公園
遺 構 曲輪、石垣
形 式 山城 築城者: 香川氏 築城年代: 貞治3年


見 ど こ ろ

 多度津城は、瀬戸内の制海権を把握するために重要な多度の津を押さえた香川氏平時の居城だ。 多度津港を見下ろす小高い丘陵に築かれ、城からは瀬戸内の島々を一望することができる。
 資料によれば石段や石垣が一部残っているとあったので、公園内(特に東陵)を探索するが、現在、桃陵公園として公園化され、どこまでが本来の城の遺構なのかなかなか判別が付かなかった。


歴     史

 多度津城は、貞治3年に香川氏によって築かれた。 香川氏は、白峰合戦の戦功により守護細川氏より三野・多度・豊田三郡を領して、平時の居城として築き、詰の城を天霧城として、応永7年には西讃岐守護代となっている。

 天正6年、長宗我部元親の讃岐侵攻により元親の親政を養子に迎え長宗我部氏に降った。 天正13年、豊臣秀吉の四国征伐により長宗我部元親が土佐一国が安堵されると、香川親政は多度津城をから土佐へと移り、讃岐香川氏は事実上滅亡した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線多度津駅〜徒歩約15分
 車 : 高松道善通寺IC〜国道319号線〜県道21号線
駐車場: 桃陵公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
西讃岐の守護代香川氏の平時の居城。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県