丹波 周山城



お城のデータ
所在地 京都府京都市右京区京北周山町
遺 構 曲輪、土塁、石垣、天守台、堀切、桝形虎口
形 式 山城 築城者: 明智光秀 築城年代: 天正8年


見 ど こ ろ

 周山城は、京北町役場西側の城山(テレビ受信用アンテナがある山)山頂に築かれている。

 城山へ道は、北山杉が綺麗に植林された登山道を約30分登る。 比高220mは確かにきつい。 しかし、汗を拭きながら喘ぎ登ったそこには、総石垣づくりの周山城がある。

 周山城は、山頂部に方形の本丸があり、ここには穴蔵を有する天守台が残っている。 そして、天守台北側には直径10m程の井戸跡が残っている。

 この本丸を中心に三方の尾根を全て削平して曲輪群が配置されている。 特に、西の尾根に設けられた6段の曲輪群が見事に残っていて、植林がされているが遺構を確認することは容易だ。

 この曲輪群も総石垣造りで、特に野面積みの石垣が3段目の曲輪北側に完存している。 また、西の尾根曲輪群の先端(送電線の鉄塔がある)付近には堀切が残っている。

 南の尾根曲輪群には内桝形の虎口があり、ここもまた石垣が崩れているものの原形を容易に想像出来る遺構だ。

 東の尾根の曲輪群には、NHKのテレビ受信設備があり、多少遺構が崩されているが、本丸直下の曲輪には2ヶ所の虎口と横矢掛かりの構造となっている。

 そして、本丸へ3段に分かれた石垣が残っている。 これは、まだ高石垣を築く技術がなかったためと考えられ、近江宇佐山城にも同様の石垣が見られる。  


歴     史

 天正7年、明智光秀の丹波攻略により宇津城は開城、翌天正8年に宇津氏等の土豪の押さえとして、また京と若狭を結ぶ周山街道の押さえの城として築かれた。

 明智光秀は、丹波支配のための居城として亀山城を築き、福知山城に明智秀満、黒井城に斎藤利三、八上城に並河飛騨守、そしてこの周山城に明智光忠を配した。

 天正10年までは明智光忠が城主として居城、本能寺の変後明智氏滅亡と共に周山城は廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線京都駅〜JRバス/京北農協前
 車 : 名神高速京都南IC〜国道1号線/京都市内〜国道162号線
駐車場: なし。(京北町役場隣のウッディ京北の駐車場を利用)


ひとくち MEMO
北山杉に囲まれた石垣造りのお城。
  • 周山城の登城口
    国道162号線沿いの「京北農協前」のバス停に案内板と道標がある。 ここより西に登城道が通じていて、要所要所に道標があるので迷わず山頂の周山城まで行ける。
  • ウッディ京北の観光案内所で縄張り図付の案内図が貰える。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ 京北町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県