丹波 須知城



お城のデータ
所在地 京都府船井郡京丹波町市森
遺 構 曲輪、石垣、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 須知景光 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 明智光秀が再興した玉雲寺、そして寺の東には名勝琴滝、細い谷間の北側に聳える山の山頂部に須知城が築かれている。
 
 須知城は、須知氏が築いた東曲輪群、堀切を隔てて明智氏が修築し石垣で固めた東曲輪群が城山の山頂部に一列に並んだ連郭式の縄張りの城だ。

 西曲輪群の最高所に本丸東側に高土塁があり、その東面には高さ5〜6mほどの高石垣が築かれ、この城一番の見どころ。 また、二の丸南側の虎口にも石垣が残っている。 東の曲輪群は、東主郭の一段東側の曲輪の周囲に土塁が巡らされ、東主郭南東角に石垣が一部残っていた。 


歴     史

 須知城は、南北朝時代に須知景光によって築かれた。 観応3年に丹波守護代荻野朝忠配下の遠山秀家らに攻められ落城した。 その後、須知氏は勢力を挽回し有力国人となり、延徳元年の国人一揆に参陣し、守護細川政元の鎮圧を受けている。

 天正年間の明智光秀による丹波侵攻では、須知氏は織田方として参戦しているが、その後離反し明智勢に攻められ落城、須知城は明智氏の拠点の一城となったとされている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線園部駅〜バス/琴滝道
 車 : 京都縦貫道丹波IC〜町道
駐車場: 玉雲寺参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
古い石積み手法による高い石垣が見事なお城。
  • 須知城への道しるべ
    玉雲寺から明石の集落に向かって未舗装の農道を200m程戻った辺りから北の尾根筋に登る山道がある。 尾根の鞍部に登り着いたら、右手の尾根筋を所々木の枝に巻き付けられたピンクのテープを頼りにひたすら登る。 登り詰めたところが須知城西端の曲輪だ。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県