阿波 勝瑞城



お城のデータ
所在地 徳島県板野郡藍住町勝瑞
遺 構 曲輪、土塁、堀
形 式 平城 築城者: 細川頼春 築城年代: 延元2年


見 ど こ ろ

 かつては、阿波から海を越えて、畿内京の都までその勢力を誇った三好氏の居城だ。

 今では、往時の姿を思い浮かべることすらままならない。 三好氏の菩提寺の見性寺が本の丸跡にあり、その周囲を水堀がめぐっている。

 平成9年に発掘調査され、堀幅14メートル、基底部12メートル、高さ2.5メートルの土塁が周囲を回っていたことが確認されている。 この土塁の 一部が現在も残っている。


歴     史

 延元2年、細川頼春が築城して以来、阿波守護所として阿波の中心であった。 応仁の乱で衰退した守護細川氏に替わり三好氏が台頭する。 天文21年に三好義賢は、細川持隆を攻めて城を奪った。 

 三好氏も3代経て、天正10年、三好氏の名跡を継いだ十河存保は、土佐の長宗我部元親に攻められ、中富川の合戦に敗れ讃岐へと逃れ、三好氏の阿波の支配は終わった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR高徳線勝瑞駅〜徒歩約10分
 車 : 神戸淡路鳴門道鳴門IC〜国道11号線〜県道14号線〜県道41号線
駐車場: 勝瑞城の無料駐車場(10台程度)を利用。


ひとくち MEMO
阿波守護所として阿波の中心であったお城。

徳島県お城
一覧表へ
トップページへ 藍住町のHPへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県