伊勢 正法寺山荘



お城のデータ
所在地 三重県亀山市関町鷲山字構
遺 構 曲輪、土塁、井戸
形 式 居館 築城者: 関盛貞 築城年代: 永正年間


見 ど こ ろ

 正法寺山荘は、羽黒山の麓、小野川が蛇行して流れ、三方を川の流れが堀の役目を果たしている地形に築かれている。

 正法寺山荘は、主郭を中心に7つの曲輪が配置された縄張りで、主郭内には、建物の礎石、門跡、井戸、土塁の遺構が残されている。 国の指定史跡にもなっていて、遺構も綺麗に整備されている。 


歴     史

 正法寺山荘は、永正年間に亀山城主関盛貞が築城した。 盛貞は、京都大徳寺の末寺として正法寺をこの地に創建したが、天正年間の頃関盛信の代には正法寺は廃絶し、江戸時代初期頃までは小庵が有ったと伝えられている。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線関駅〜タクシー
 車 : 東名阪道亀山IC〜国道1号線〜県道11号線〜町道
駐車場: 正法寺山荘の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
室町時代の居館跡として貴重な遺構。

三重県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県