武蔵 石神井城



お城のデータ
所在地 東京都練馬区石神井台1丁目
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平城 築城者: 豊島氏 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 石神井公園のメイン、石神井池から三宝寺池まで池のほとり を歩く。  都会の中で今も古き武蔵野の雰囲気が良く残り、その光景になぜかほっとさせられる。

 三宝寺池南側の林の中に石神井城がある。 石神井氷川神社の東側、ぐるっと空堀と土塁に囲まれた本の丸は、保存状態 もよく往時の姿を今に伝えている。 ただ、本の丸・空堀内には柵が設けられていて、中に入れないのが残念。


歴     史

 石神井城は、鎌倉中期から末期頃平塚城(北区)を本拠に勢力を誇った豊島氏によって築かれた。

 豊島氏は、戦国時代の初期には扇谷上杉氏の江戸城進出など その勢力を次第に狭められた。 文明9年、石神井城主豊島泰経は、扇谷上杉氏の重臣太田道灌によって攻め落とされ豊島氏は滅亡した。 以後、石神井城も廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 西武池袋線石神井公園駅〜徒歩約10分。
 車 : 環七通り〜旧早稲田通り
駐車場: 三宝寺の参詣者駐車場を利用


ひとくち MEMO
今も武蔵野の面影が残る石神井公園にあったお城。

東京都のお城
一覧表へ
トップページへ 練馬区のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県