安芸 鈴尾城



お城のデータ
所在地 広島県安芸高田市吉田町福原
遺 構 曲輪、空堀、石垣、土塁、井戸
形 式 山城 築城者: 福原広世 築城年代: 永徳元年


見 ど こ ろ

 鈴尾城(別名 福原城)は、毛利元就誕生の城との伝承がある城だ。 福原氏8代広俊の娘が毛利弘元室となり毛利元就を産んだのだ。 登城口にも、また山腹にある居館跡にも「元就誕生の地」の石碑が建てられてる。

 鈴尾城は、半島状の丘陵の先端部に築かれ、空堀によって背後の尾根筋から遮断されている。 丘陵の山頂部に主郭曲輪群があり、支尾根上に階段式に曲輪が並び、東側山腹に居館が配置されている。

 現在、山頂の主郭は綺麗に整備されていて、ここから桂城・星ヶ城・川本城・宮の城琴崎城天神山城、そして郡山城と吉田盆地にある毛利一族・家臣団の城を一望に見ることができる。 毛利ファンには堪えられないお薦めスッポトだ。


歴     史
(現地案内板より)

 鈴尾城(別名 福原城)は、永徳元年に福原広世によって築かれた。 福原氏は、関東評定衆長井氏の一族で、6代広世は毛利元春の五男で長井氏に養子に入り、永禄元年に元春より内部荘福原村を譲られ、城を築き姓を福原に改めた。

13代広俊の時、慶長5年の関ヶ原の敗戦により、主家毛利氏の防長への転封に従い、福原氏も防長(吉敷、後に宇部)へと移り、城は廃城となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR芸備線吉田口駅、JR山陽本線広島駅〜バス/川本
 車 : 中国道高田IC〜県道6号線〜国道54号線
駐車場: 登城口前の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
毛利元就誕生の城との伝承があるお城

広島県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県