信濃 金子城



お城のデータ
所在地 長野県諏訪市中洲字下金子
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 諏訪頼忠 築城年代: 天正12年


見 ど こ ろ
 
 諏訪氏の再興がなった時に築かれた金子城だが、高島城築城時には何もかも移されたこともあり、現在は住宅地の中に埋もれ跡形もない。 

 本丸跡に案内板が立てられているが、記載されている縄張り図を見ると、蛇行して流れる宮川の流れを巧みに利用した平城であったようだ。


歴     史

 金子城は、天正12年に諏訪頼忠によって築かれた。 この地には天文10年頃には大熊城主千野氏が城館を設けていていて、頼忠は千野氏の城館を拡張して築城し、高島古城より居城を移した。 
 
 天正18年に徳川家康の関東移封に頼忠は従って武蔵奈良梨へと移り、日根野高吉が入封する。 高吉は、文禄元年には高島城を築城して移り、金子城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線上諏訪駅〜バス/下金子公民館前
 車 : 中央道諏訪IC〜国道20号線〜県道16号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
諏訪氏の再興がなった時に築かれたお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県