駿河 横山城



お城のデータ
所在地 静岡市清水区谷津町2丁目
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 興津美作守 築城年代: 延文年間


見 ど こ ろ

 横山城は、興津川の西岸へ半島状に突きだした丘陵に築かれた城だ。 城の南から西側を甲州街道(身延街道)を抑える城であった。

 城山南麓の市街地が居館の在ったところ、西端の道路脇に城の石碑と案内板があった。

 横山城は、山頂部に本の丸を置き、連郭式に曲輪を配置した縄張りとなっている。 山頂部の曲輪群は、ブッシュに覆われ、西側支尾根から登城を開始するが途中で断念した。


歴     史

 横山城は、延文年間に興津美作守がよって築かれ、興津館から横山城へ居城を移した。 興津氏は、平安末期から興津郷を領し、室町から戦国時代には今川氏に臣従していた。

 永禄11年に武田信玄が駿河侵入し興津城は落城した。 武田信玄は、永禄12年には横山城を修築して穴山信君に守らせ、北条氏に備えた。 その後、武田氏は横山城には城番を置き、重要な支城の1つであったが、天正10年の武田氏滅亡ともに廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線興津駅〜バス/承元寺入口
 車 : 東名清水IC〜国道1号線〜国道52号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
富士川街道(甲州往還道)を押さえるお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県