周防 吉敷毛利氏館



お城のデータ
所在地 山口市吉敷佐畑4丁目
遺 構 なし。
形 式 居館 築城者: 毛利元鎮 築城年代: 寛永2年


見 ど こ ろ
( 山口よしき病院内の石碑 )

 吉敷毛利氏館は、現在の吉敷佐畑にある山口よしき病院の敷地一帯に築かれていた。 病院内に「男爵毛利家旧邸址」の石碑が立てられていた。 

 病院の南側には、吉敷毛利家の菩提寺玄済寺があり、境内の山手には毛利氏墓所がある。 また、隣接する天神山公園には吉敷毛利家13代元潔によって造営された宣徳社があった。

 余談だが、吉敷毛利家の萩城下での屋敷は、福原氏の屋敷に隣接してあり、現在は「北門屋敷」と云う旅館となっている。


歴     史
( 吉敷毛利氏菩提寺 玄済寺 )

 吉敷毛利家の祖、小早川秀包は毛利元就の九男に生まれ、実子のなかった兄小早川隆景の養子となり、天正15年には筑後久留米城主となった。

 慶長5年の関ヶ原の敗北により改易となり、毛利輝元より長門阿川にて7千石を与えられ翌年に死去し、家督は秀包の子元鎮が嗣いだ。

 寛永2年、元鎮が周防吉敷へと所領を移され11,000石を領したが同年病のため隠居し、幼少であったが嫡男元包が継承した。 以後、吉敷毛利家は、一門家老として代々この地を領して13代元潔の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山口線湯田温泉駅〜バス/吉敷
 車 : 中国道山口IC〜県道21号線〜国道9号線〜国道435号線
駐車場: 玄済寺の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
小早川隆景・秀包の系統吉敷毛利家の居館。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県