周防 沼 城



お城のデータ
所在地 山口県周南市須々万郷
遺 構 なし。
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 沼城は、徳山北高校グランド東側にある丘陵に築かれた城だ。 丘陵といっても小高い丘で、決して丘自体は要害の地ではない。 現在は水田が一面広がっているが、往時は丘の三方が沼に囲まれた城であったことから「沼城」と呼ばれたとか。

 現在、城のあった丘には「クワハウス周南温泉」が建てられ、城の遺構は何も残っていない。 山麓の保福寺山門前に沼城の案内板が立てられている。


歴     史

 沼城の室町時代に築かれたが、築城者については定かではない。 弘治元年、厳島の合戦で勝利した毛利元就は、防長征圧戦を弘治2年より開始した。 

 大内義長は、沼城へ熊毛山城主山崎興盛・隆次らを守将とし、山口からも江良賢宣らの諸将を派遣して毛利勢に備えた。 弘治2年、二度にわたる毛利隆元率いる毛利勢の攻撃を凌いだが、翌年毛利元就が自ら軍勢を指揮して攻め、ついに落城。 守将山崎興盛父子は自刃した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線徳山駅〜バス/須々万市
 車 : 中国道鹿野IC〜国道315号線〜国道434号線〜国道376号線
駐車場: なし。(保福寺前に路上駐車)


ひとくち MEMO
毛利元就の防長征圧戦で最大の激戦地となったお城。

山口県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県