駿河 駿府城



お城のデータ
所在地 静岡県静岡市葵区城内
遺 構 櫓、門、石垣、堀
形 式 平城 築城者: 徳川家康 築城年代: 天正13年


見 ど こ ろ

 駿府城は、現在、駿府公園となっている。 本丸を囲む堀は埋められてしまい跡形もない。 二の丸の水堀が完全に残り、また三の丸水堀は一部埋め立てられている。

 二の丸巽櫓、東御門(櫓門)と続多聞櫓が復元されている。 この櫓の中に入ることができ、ここにおもしろい模型が展示されている。
 一つは駿府城天守閣(寛永12年に消失)の模型、もう一つが駿府公園整備計画の模型がある。

 整備計画は、天守台も含む本丸石垣・堀の復元が盛り込まれている。 完成はいつになるかは知らないが、お城ファンにとっては嬉しい限りだ。  


歴     史
(内堀と石垣)

 駿府城は、時代は変わるが同じ位置に3回築かれている。 今川氏の居城(館)の駿府城は、永禄11年に武田信玄の駿河侵攻と、天正10年の徳川家康の侵攻により灰燼と帰す。 

 駿河国を手に入れた家康は、今川館の地に築城(現駿府城の本丸・二の丸)し、天正17年に浜松城から居城を移した。 大御所となった家康は、隠居城として城の大修築を行い、慶長13年に完成した。

 城主は、徳川頼宣(家康と同居、後紀伊和歌山城へ転封)、徳川忠長、明治維新で江戸城を明け渡した後移された徳川家達の3人だけで、江戸時代を通して幕府直轄領となり、駿府城代が置かれた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線静岡駅〜徒歩10分
 車 : 東名静岡IC〜県道354号線〜国道1号線/静岡駅前〜県道27号線
駐車場: 三の丸県庁南側に有料駐車場


ひとくち MEMO
徳川家康の隠居城として築城されたお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ 静岡市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県