三河 杉山端城



お城のデータ
所在地 愛知県新城市杉山字端城
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 菅沼定氏 築城年代: 永禄5年


見 ど こ ろ

 杉山端城は、国道301号線杉山北交差点東側の住宅地・畑地・運送会社敷地一帯に築かれていた。 現在は城の遺構は何も残っていないが、国道沿いに碑が立てられている。 資料に拠れば、方形単郭の縄張りのようで、戦前まで土塁や堀が残っていたようだ。


歴     史

 杉山端城は、永禄5年に菅沼定氏によって築かれた。 定氏は、新城古城を居城としていたが、永禄5年の石田合戦後に居城を杉山端城へと移した。 その後、杉山端城には新城城の支城として機能しており、正保2年に水野元綱が移封になり天領となり廃城となるまで城代が置かれていた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線新城駅〜バス/杉山西
 車 : 新東名高速新城IC〜国道151号線〜国道301号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
江戸時代も存続して使用されていた戦国のお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 新城市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県