武蔵 菅谷館



お城のデータ
所在地 埼玉県比企郡嵐山町菅谷
遺 構 曲輪、空堀、水堀、土塁
形 式 平城 築城者: 畠山重忠 築城年代: 鎌倉時代


見 ど こ ろ

 菅谷館は、国指定史跡にも指定されて、史跡公園として整備されていて、室町時代〜戦国時代に存在した城の縄張りを今に伝えている貴重な城だ。

 菅谷城は、都幾川と槻川の合流地点北側に築かれていて、館の南は都幾川、東と西に谷が入り込む天然の要害の地に築かれている。 この地形から、菅谷館は、南端に本の丸を起き、扇状に北へ向けて扇状に曲輪を配置した縄張りとなっている。

 本の丸・二の丸・三の丸・西の丸・南の丸と5つの曲輪があり、それぞれの曲輪は空堀によって隔てられ、曲輪の周囲には高々と土塁が築かれている。

 現在に残る菅谷館は、戦国時代に北条氏によって修増築されていて、北条氏による縄張りの城とも言える。 本の丸周辺が畠山重忠時代の縄張りであったと推定されている。


歴     史

 菅谷館は、鎌倉時代に畠山重忠によって築かれた。 畠山氏は、板東八平氏の一つ秩父氏の一族で、重忠の父秩父重能が大里郡川本村畠山に居館を構えて畠山氏を称した。

 畠山重忠は、保元・平治の乱以後平清盛に仕えたが、源頼朝が挙兵後は頼朝に臣従した。 鎌倉幕府成立後、元久2年に幕府の実権を握った北条氏によって謀殺された。

 畠山氏は、その後足利一族岩松氏が畠山氏を名跡を受け継ぐが、菅谷館とは縁が切れてしまう。 室町時代には太田道灌の子資康が長享年間に居城したとも云われている。 菅谷館のその後の歴史は詳細が定かではないが、戦国時代には北条氏支配下の城として機能していたようだ。 


お城へのアクセス
鉄 道: 東武東上線武蔵嵐山駅〜徒歩約15分
 車 : 関越道東松山IC〜国道254号線
駐車場: 埼玉県立歴史資料館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
室町時代〜戦国時代に存在した城の縄張りを今に伝えているお城。

埼玉県のお城
一覧表へ
トップページへ 嵐山町ののHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県