磐城 村上城



お城のデータ
所在地 福島県南相馬市小高区村上字館腰
遺 構 曲輪、土塁
形 式 山城 築城者: 相馬義胤 築城年代: 慶長元年


見 ど こ ろ

 
村上城は、小高川の河口南側にある村上海岸に面した丘陵に築かれている。 丘陵山頂部は、平坦地になっていて、現在は畑地と貴布根神社の境内となっている。 

 神社境内が本丸であると云われ、土塁のような遺構もあり、社殿近くに案内板が建てられている。

 丘陵の西側中腹にあるパットゴルフ場も曲輪の一つだ。 ここから遊歩道が丘陵上まで通じおり、ここから登ると3〜4段程の削平地があり、これも城の遺構だと思われた。


歴     史

 村上城は、慶長元年に相馬義胤によって築かれた。 義胤は、手狭となった小高城から居城を移すべく築城したが、殿舎の建築前日の火事により焼失したことを不吉として、改めて牛越城を修築して慶長2年に居城を移し、村上城は未完のまま廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR常磐本線小高駅〜タクシー約15分
 車 : 常磐道富岡IC〜国道6号線/福岡〜県391号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
相馬氏の未完の居城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県