丹波 園部城



お城のデータ
所在地 京都府南丹市園部町小桜町
遺 構 櫓、櫓門、塀、曲輪、石垣
形 式 平山城 築城者: 小出吉親 築城年代: 元和5年


見 ど こ ろ

 園部公園駐車場側に建つ天守閣風の建物、「園部國際交流会館」に圧倒されながらも目指すは園部高校。

 この正門が、園部城本丸表門(櫓門)、その側に建つ二層の巽櫓が現存する遺構だ。 本丸は、園部高校の敷地となっているため、 みだりに立ち入ることは出来ないが、表門と櫓周辺はOKの様だ。 

 城跡の背後にある小麦山は、詰の丸とされて、三層の櫓がかつては建てられ たようだ。 園部高校とその側にある園部公園・総合グランド付近を散策すると、園部城の往時の姿がそれとなくイメージがはっきりして来る。  


歴     史

 戦国時代に園部城には、丹波八上城主波多野氏の家臣荒木氏綱が城主であった。 この園部城は、天神山山頂に築かれていたとか。(詳細不明)

 元和5年、小出吉親が但馬出石から30,000石で入封。 吉親は、入封後2年の歳月をかけて、小向山の山麓に城を完成させた。 小出氏は、江戸時代を通じて園部から動くことなく10代英尚の時に明治を迎えた。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線園部駅〜バス
 車 : 京都縦貫道園部IC〜府道19号線〜国道9号線〜町道
駐車場: 園部公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
本丸はある高校のテニスコートから隅櫓を見上げると・・・。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ 園部町のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県