美濃 曽根城



お城のデータ
所在地 岐阜県大垣市曽根町1丁目
遺 構 曲輪、土塁、石垣(埋め戻し保存)
形 式 平城 築城者: 稲葉一鉄 築城年代: 永禄年間初期


見 ど こ ろ

 曽根城は、現在では公園となっていて、一面芝生が植えられ「曽根城公園」と名が付けられているが、遺構は何も残っていない。 公園入口には、斎藤利三屋敷跡の碑が道路脇にあった。

 曽根城の本丸跡に華渓寺が建てられている。 この寺は、曽根城主稲葉一鉄が、母の菩提寺として建立した寺で、曽根村堤外にあったものを、曽根城廃城後、本丸跡に移築されたものだ。

 発掘調査の結果、本丸石垣が出土したが、現在は埋め戻されていて、寺の北側にある石垣・土塁はレプリカだ。


歴     史

 曽根城は、永禄初期に稲葉一鉄(良通)によって築かれた。 一鉄は、大野郡小寺城より曽根城に移り、西美濃三人衆の一人に数えられた。

 一鉄は、豊臣秀吉の不審を被り清水城へと退き、秀吉に陳謝して許されたが、嫡男貞道は、天正16年に郡上八幡に転封となった。(後豊後臼杵城主)

 稲葉氏に替わって、西尾光教が2万石を領して入城する。 光教は、関ヶ原の役では東軍に与し、大垣城攻めで戦功があり、戦後1万石を加増され、揖斐城揖斐陣屋)へと移され、曽根城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道線大垣駅〜近鉄バス/曽根
 車 : 名神高速大垣IC〜国道258号線〜県道212号線
駐車場: 曽根城公園の無料駐車場(約10台程度)を利用。


ひとくち MEMO
城趾公園となっているが、城の遺構は何も残っていない。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ 大垣市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県