近江 賤ヶ岳砦



お城のデータ
所在地 滋賀県長浜市木之本町大音
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 桑山重晴 築城年代: 天正11年


見 ど こ ろ

 余呉湖と琵琶湖の間に位置する賤ヶ岳。 ここが豊臣秀吉と柴田勝家とが天下分け目の合戦の舞台となった。 賤ヶ岳砦に立つ。

 ここから北へ・南へ・東へとまるで『天空の街道』とも呼べる尾根が通じ、この尾根筋を利用しての大規模な合戦が賤ヶ岳の合戦の大きな特徴であった。

砦の縄張りは、急造した陣城のため主郭と帯曲輪からなる単純な縄張りで、余呉湖へと通じる北東・北西の両方の尾根筋に堀切が設けられている。 砦主郭西側から南にかけて土塁が明確に残っていた。


歴     史

 賤ヶ岳砦は、天正11年の賤ヶ岳の合戦の際、豊臣秀吉方の桑山重晴が築き、羽田正親・浅野長政が守備した。

 柳ヶ瀬山に布陣した柴田方の佐久間盛政に攻められ敗走し、佐久間勢は賤ヶ岳から尾根伝いに大岩山砦を攻めて守将中川清秀を討ち取った。

 しかし、岐阜から急ぎ駆け戻った秀吉本軍と繰り広げられた激戦の末、柴田勢は総崩れとなり越前へと撤退。 居城北之庄城へ戻った勝家は、お市の方と共に自刃した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線木之本駅〜バス/大音
 車 : 北陸道木之本IC〜国道8号線
駐車場: 賤ヶ岳リフト利用者専用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
賤ヶ岳の合戦の舞台となった砦。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県