常陸 志筑城



お城のデータ
所在地 茨城県かすみがうら市中志筑
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 下河辺政義 築城年代: 鎌倉時代初頭


見 ど こ ろ

 現在の城跡は、志筑小学校の敷地となっているて、随所に土塁や空堀跡など、城の遺構を確認することができる。

 志筑城(陣屋)は、丘の上に築かれている。 このことは、城跡に立つとなかなか判りづらいが、小学校の体育館の裏手に行くと、そこに残る土塁とともに、城の立地がよく分かる。

 また、小学校のグランド背後にある竹藪へ分け入ると、ここが空堀の跡であろうと、容易に想像ができる。  


歴     史

 筑城は、鎌倉時代初頭に下河辺(益戸)政義によって築かれた。  その後、南北朝時代になると益戸国行は、南朝方に味方して勢力を誇ったが、暦応4年に足利尊氏の命を受けた高師冬が小田城を攻めた折り、志筑城も攻められ落城した。

 慶長6年、本堂茂親が出羽本堂から志筑8,500石を与えられて入封して、陣屋を構えた。 本堂氏は、代々交代寄合の旗本であったが、明治元年に新政府の東征に功があったとして、新田分を加えて1万石の大名に列した。 


お城へのアクセス
鉄 道: JR常磐線石岡駅〜バス
 車 : 常磐道千代田石岡IC〜県道138号線
駐車場: なし。(志筑小学校の駐車場を利用)


ひとくち MEMO
小学校のグランド横に土塁と空堀が残るお城。

茨城県のお城
一覧表へ
トップページへ 千代田町のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県