讃岐 芝山城



お城のデータ
所在地 香川県高松市香西北町
遺 構 曲輪、土塁
形 式 水城 築城者: 香西資茂 築城年代: 寛元年間


見 ど こ ろ

 芝山城は、かつては海に浮かぶ島であったと思われる南北に細長い独立丘に築かれた城だ。 現在、芝山海浜公園となっていて、山上には芝山神社がある。 

 神社まで南側から長い階段を登る、神社境内が南の曲輪、神社社殿の北側に一段下がったところが主郭、そして雑木林となっているところが北の曲輪だ。 城からの眺望はあまり良くなかったのがちょっと残念。


歴     史

 芝山城は、寛元年間に香西資茂によって築かれた。 香西氏は、香西浦から瀬戸内海の諸島への警備のための出城で、香西氏の家臣で直島に本拠を構えていた渡辺氏が城を守った。

 天正10年、長宗我部元親による讃岐侵攻が開始され、香西佳清は激戦の末に和議を結んだ。 天正13年、豊臣秀吉の四国征伐に敗れ、佳清は下野し芝山城は廃城となった。  


お城へのアクセス
鉄 道: JR予讃本線高松駅〜バス/香西車庫前
 車 : 高松道高松中央IC〜国道11号線〜県道16号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
香西氏の瀬戸内警備のためのお城。

香川県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県