越前 白崎陣屋



お城のデータ
所在地 福井県越前市白崎町
遺 構 曲輪、土塁
形 式 陣屋 築城者: 金森可英 築城年代: 宝暦9年


見 ど こ ろ

 白崎公園の東側(愛星保育園の南側)にある林が白崎陣屋だ。 陣屋入り口には、立派な石碑と案内板が立てられている。

 陣屋は、石碑のある段と背後に陣屋御殿が設けられていた段と二段からなる縄張りとなっている。 上段への虎口には土塁が残っていた。 虎口前の湿地は、おそらく庭園の池の跡かと推察された。


歴     史

 白崎陣屋は、宝暦9年に金森可英によって築かれた。 飛騨高山城主金森重頼は、元和元年に弟重勝に3千石を領内分知した。 分家左京家は、本家の羽前上山美濃郡上への転封従って転地していた。

 宝暦8年、郡上宝暦騒動の責任を問われ、本家金森頼錦が改易となった。 幕府は、金森氏の断絶を惜しみ、分家の左京家に金森氏の名跡継承を認め、越前に新知3千石を与えた。

 この金森左京家は、この時に旗本に列して隔年に参勤交代を行う交代寄合となり、代々この地を領し11代近明の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線武生駅〜バス/白崎公園
 車 : 北陸道武生IC〜国道8号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
交代寄合金森氏の在所陣屋。

福井県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県