備後 新宮山城



お城のデータ
所在地 広島県三次市志幸町
遺 構 曲輪、土塁、竪堀
形 式 丘城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 新宮山城は、馬洗川左岸へ半島状に突きだした丘陵の先端部を利用して築かれている。

 城の縄張りは、丘陵先端部を長方形に整地して主郭を設け、東・南側に帯曲輪を伴った単郭式となっている。 主郭の南側と東側の一部に土塁の遺構が残っていた。 資料によれば、竪堀の遺構があると記載されていたが、確認することが出来なかった。


歴     史

 新宮山城は、築城年代や築城者は定かではない。 戦国時代、城主新宮氏は高杉城主祝氏に従っていて、天文22年の毛利氏による高杉城攻略に際して新宮山城も攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR芸備線三次駅〜バス/八幡橋
 車 : 尾道道三良坂IC〜県道61号線〜国道164号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
竹藪の中に土塁が良く残っているお城。

広島県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県