大和 新賀環濠



お城のデータ
所在地 奈良県橿原市新賀町
遺 構
形 式 環濠集落 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
(重文 森村家住宅)

 「居館中心型」環濠の新賀環濠は、大和川の支流米川が集落の南を流れ、川を利用して環濠が構築されて、城郭とも云える輪郭式の縄張りと矢掛かりが施されている。 

 集落の中心部の市杵島神社と西教寺の境内と西側の宅地一帯が新賀氏の居館が置かれた所で、かつて居館を囲繞していた堀は埋められ道路となっている。 環濠の外郭を囲繞していた濠は、国の重要文化財に指定されている森村家住宅の北側に東にかけて旧状を良く伝えていた。


歴     史

 新賀環濠は、構築年代や構築者については定かではないが、室町時代から戦国時代には十市氏の一族で興福寺大乗院方の国民として名が残る新賀氏が居館を構えていた。 


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線・橿原線大和八木駅〜バス/新賀
 車 : 南阪奈道路葛城IC〜国道24号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
城とも云える遺構が良く残る環濠集落。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県