信濃 山吹陣屋



お城のデータ
所在地 長野県下伊那郡高森町山吹字丸山
遺 構 石垣、馬場跡
形 式 陣屋 築城者: 座光寺為時 築城年代: 慶長5年


見 ど こ ろ

 山吹陣屋は、山吹地区の泰山神社から領法寺に至る町道東側の住宅地一帯に築かれていた。

 神社鳥居前から町道を横切って東側へと入り、次の角を右折し、更に2つめの角を左折すると左手に石垣が見える。 この石垣が陣屋大手の石垣だ。 両サイドに石垣が残り、西側民家の車庫内にも石垣が残されている。

 この石垣から坂を下ると正面に見える竹藪辺りが陣屋の馬場が在ったところ。 そこから左手一帯が中世山吹城だ。


歴     史

 山吹陣屋は、慶長5年に飯田城主京極高知が関ヶ原の戦功により丹後宮津に移った際、座光寺為時が山吹村1,410石を領して中世山吹城の一郭に陣屋を構えた。 座光寺氏は、代々交代寄合として12代続いて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線下平駅〜徒歩約15分
 車 : 中央道松川IC〜県道59号線〜国道153号線〜町道
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
中世城郭と近世陣屋が一体となっている・・・。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県