信濃 大石城



お城のデータ
所在地 長野県東御市滋野乙字大石
遺 構 曲輪、土塁
形 式 居館 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 大石城は、大石地区にある大石公民館南側の水田の東端辺りに南北に土塁の遺構らしき盛土が見える。 この水田東側から西沢川との間一帯に築かれていた。

 縄張りは、約60m四方の居館形式であったと推定される。 城内は「城畑」と呼ばれる畑地となっていて、畑の中程に石積みの上に天神社が祀られていた。


歴     史

 大石城は、築城年代や築城者は定かではないが、開発領主である大石氏が在城していた。 大石氏は、その後祢津氏に滅ぼされ、戦国時代には祢津氏の代官岡村四郎兵衛・岡村時則が在城していたと伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: しなの鉄道小ゥ駅〜バス/大石
 車 : 上信越道東部湯の丸IC〜県道79号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
水田の端に土塁があるのだが・・・。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県