信濃 浅田城



お城のデータ
所在地 長野県松本市内田字浅田
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 浅田義景 築城年代: 応永2年


見 ど こ ろ
 
 浅田城は、向井地区の北側に「浅田田甫」と呼ばれる水田があり、この一角に立派な城跡碑が立てられている。 城と云うよりは居館といった規模で、立地からしても南を流れる舟沢川を堀代わりとしていたことは確かであるが、圃場整備された現状から往時を偲ぶのは難しい。


歴     史

 浅田城は、応永2年に浅田義景によって築かれた。 戦国時代の浅田城主については諸説があるが、天文年間の初めの頃浅田長康・長寧父子が武田氏に攻められ、栗林村へと退去して城は廃城となった。 もう一説では、天文25年から曽根原孫右衛門が居城したとも云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR篠ノ井線松本駅/松本BT〜バス/内田出張所前
 車 : 長野道塩尻IC〜国道20号線〜県道63号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
田んぼの片隅に立派な城跡碑があるお城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県