土佐 下夜須城



お城のデータ
所在地 高知県香南市夜須町出口字城山
遺 構 曲輪
形 式 丘城 築城者: 夜須氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 下夜須城は、出口地区にある夜須北部グリーンサンタ−東側の小高い丘陵上に築かれている。

 丘陵西端の道路沿い(登り口)に下夜須城の城石碑が立てられていて、ここから山道を登ると途中幾段かの段曲輪(もっとも後世の畑地だろうか?)があった。

 主郭部分は、畑地・墓地となっていて一角に無線中継所が建てられていた。 主郭周辺を探索するが、土塁の遺構などはなく、段曲輪と切岸による防備の城であったようだ。


歴     史

 下夜須城は、築城年代は定かではないが夜須氏によって築かれた。 治承4年、土佐介良荘へ流罪となっていた源希義は、平家により追討令が出され、夜須行宗を頼ろうとするが、平重盛の家人である蓮池家綱・平田俊遠に討ち取られた。 寿永元年に源頼朝の命により、夜須行宗は伊豆有綱と共に蓮池・平田両氏を討ち取っている。


お城へのアクセス
鉄 道: 土佐くろしお鉄道夜須駅〜バス/学校前
 車 : 高知道南国IC〜国道32号線〜国道55号線〜県道51号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
平家討伐に戦功を挙げた夜須行宗の居城。

高知県お城
一覧表へ
トップページへ

四国のお城
香川県愛媛県徳島県高知県